ご挨拶 - かんだ眼科クリニック

かんだ眼科クリニック
日帰り白内障手術・硝子体手術・緑内障手術・網膜レーザー治療
072-959-8864
WEB予約
アクセス
ご挨拶
院長
日本眼科学会認定眼科専門医 院長 神田 慶介 Keisuke Kanda

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

このたびご縁をいただき、羽曳野市内唯一(2024年5月時点)の網膜硝子体手術機器常設施設として、羽曳野医療センター敷地内で、「かんだ眼科クリニック」を開院させていただくこととなりました。院長の神田慶介と申します。

はじめに、私を眼科医として成長させてくれた「心」「技」「体」をプロフィールを交えて簡単にご紹介させていただきたいと思います。

大阪大学に入局し、角膜移植など様々な眼科疾患の診療、治療に携わりました。関西労災病院では角膜専門施設として難治性角膜感染症などに対応して参りました。
淀川キリスト教病院に在任時には、ぶどう膜炎などの炎症疾患や、斜視手術や眼瞼下垂手術、NICUで未熟児網膜症診療に従事いたしました。ここでの小児に対する診療、治療の経験を活かすことはもちろん、私自身の二人の子供の子育てを経験した親として、お子様だけでなく親御様のお気持ちに寄り添った丁寧で優しい診療を心がけております。

そして、アジア眼科医療協力会によりインドアイキャンプ派遣の機会にも恵まれました。
ボランティアで手術を執刀し、困窮した難民の方たちに心を尽くした医療を提供できるよう尽力いたしました。
こうしたボランティア活動を通じて眼科医療の社会的意義を改めて再認識することができました。

ボランディア活動1
ボランディア活動2

近年は、日本有数の手術件数を誇る大阪ろうさい病院で難症例を含む数千件の手術を執刀してまいりました。

堺市、羽曳野市をはじめとした大阪府全域、奈良県、和歌山県など関西圏を中心に幅広いエリアから受診される多数の患者様の手術に携わり、新しい医療技術、機器を取り入れながら常に医療の進歩に目を向けてまいりました。

今後は地域の皆様に親しんでいただける、かつ身近でありながら高度な眼科医療を受けていただけるクリニックを目指してまいります。

院長

私が得た「心」「技」「体」を基軸に、自己研鑽を怠ることなく診療に全力で取り組んでまいります。

院長
院長

クリニック方針

クリニック方針

かんだ眼科クリニック「心」「技」「体」
全ての経験を当院の診療に活かし成長し続けます。

「心」
海外ボランティア手術活動での心を尽くした医療提供

「技」
大阪ろうさい病院での難症例を含む数千件の執刀経験

「体」
大阪大学関連施設での体系的知識の習得

目の心配事はまず当院にご相談ください。
視力低下から患者様を守り、ともに闘います。
どうぞ末永くよろしくお願い申し上げます。

プロフィール

略歴

  • 2012年神戸大学医学部医学科 卒業
  • 2012年甲南病院
  • 2014年大阪大学医学部附属病院
  • 2015年淀川キリスト教病院
  • 2016年アジア眼科医療協力会によりインド派遣、手術執刀
  • 2017年関西労災病院
  • 2019年大阪ろうさい病院 医長
  • 2024年かんだ眼科クリニック 開院

資格

  • 日本眼科学会眼科専門医
  • 難病指定医
  • 屈折矯正手術講習会受講修了医
  • オルソケラトロジー講習会受講修了医
  • CTR治療認定医
  • ボトックス認定医
  • 柔道初段

所属学会・資格等

  • 日本緑内障学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本糖尿病眼学会
  • 日本抗加齢医学会
  • 日本眼科学会
  • アイフレイル登録医
羽曳野医療センター敷地内
TEL WEB予約WEB予約 アクセスアクセス

上へ